世界の羨望のある英国産業への新たな生命の吸い込み


コットーノポリス = マンチェスターは、イギリスの綿花産業の中心地であった綿製品の世界を直立させることは、かつては英国のほぼ独占的な領域だった。 マンチェスターと市周辺の町は「コットーノポリス」として知られていた。  この都市は、イギリスが世界の綿花の黄糸と織物の生産の 80 % を担っていたときに、この国の綿花産業の中心地であった。

マンチェスターの製造業に 20年以上勤めているジェイミー・ランディ最高経営責任者 ( CEO ) は、 7L社の製造業をより多く持ち帰ることに熱狂している。 ランディ氏は「できるだけ多くの地域資源を利用し、「質の集中型」のサプライチェーンを可能な限り構築することが重要だと感じている」と述べた。 雇用を増やすだけでなく、経済を支援し、お客様のニーズを満たすために、より多くの選択肢と柔軟性を提供することができます。 テクニカル・ブランドとして、製品の多くは革新的な材料や技法を使用していますが、これらの製品は現在、英国で生産する機械やスキルを持っていませんが、将来には実現できないという意味ではありません。 私は地元の工場や会社のような英語のファイン・コットンのような会社についてお話ししたいと思います 10 年後にどこにいるかを確認したいと思います

「現在は、「マンチェスター・メイド・ティーズ」、「クルー・セーター」、「フッディ」を制作するために EFC と協力しています。

 

イギリスのファイン・コットンの yarns は、ビクトリア朝の木綿工場で、ダクインフィールドの川の土手に紡がれており、マンチェスターの郊外にあるダクィンフィールドのプライド・リバー・プライドで、私たちの伝統を誇りにしている。そして、我々の使命に対して、精霊の家に綿を紡ぐための本物の信憑性を

私たちのルーツは織物業です私たちは綿の紡績に関連した技術と触れたことはありません

私たちは知識と専門性を誇りに思っている。  スキルの高い地域労働力と共に英国での綿の紡績が持続可能な未来を実現するために

私たちのミッションは、イングランド北部の精神的な家庭に紡績機を戻すことを目的として数年にわたることです。 イギリスでは商業用の綿のスピナーだけとして英語の細いコットンを立ち上げました

タワー・ミルの百万ポンドの復元は完成し、我々は世界の羨望の的となっていたイギリスの産業に新しい生命を吸い込んでいる。 我々のビクトリア朝の旧木綿工場は現在、どこでも最新の綿花の紡績工場になっている。

私たちは、「メイド・イン・ブリテン」ビジネスを作り出し、プレミアム原料をグローバルに調達して、高品質の綿糸の一部を生産しています。 今やイギリスのデザイナーや衣料品メーカーは、自家の旅館の高級 yarns にアクセスすることができ、イギリスのプロベンスを本当に主張できる

私たちのウェブサイトへようこそ ここでは、情報、ニュース、写真、ビデオを常に最新の状態に保つことができます。私たちと一緒に旅をして、ストーリーの一部になるようにしましょう。

英国で 50 年以上にわたる最先端の綿花紡績工場が、リフビッドビクトリア朝の木綿の工場の中に建設された。

マンチェスターの近くのデュキンフィールドにあるタワー・ミルは、 1886 年に初めて綿花の紡績に使用され、約 4 万 4 千人の紡錘が家にあった。  現在では世界で最も先進的で生産性の高い繊維製造施設の 1 つを家にしています

私たちのチームは、何億年もの綿花の紡績経験を持っており、私たちの知識や専門知識を誇りにしています。  イノベーション、品質、サービスを中心に、伝統的なスキルやリーン・マネジメント、最新のテクノロジーを組み合わせることで、英国での綿糸紡績が持続可能な未来を実現することを支援しています。