PCM-原則

相変化材料という名前は、特定の温度範囲内で物質の状態を変化させることができる材料の総称です。固体から液体、液体から固体(これは「相変化」と呼ばれます)です。最も単純な例は水で、0°Cで氷になり、100°Cで蒸気になります。

相変化材料をテキスタイルに物理的に組み込むために、それらは保護ラッピング(直径が数ミクロンのマイクロカプセル)で囲まれています。これは、液相中の漏れを防ぎ、衣類が洗濯、掃除、天候の影響に耐えられるようにするためです。 
相変化材料を内包するこれらのマイクロカプセルの理想的なベアラ材料は、フリース、トリコット、布などのさまざまな材料に追加できる繊維、コーティング、およびフォームです。

Schoeller–PCM™の製品には、相変化材料が含まれており、温度変化に反応する無数の小さなマイクロカプセルに封入されています。特定の温度で、それらの集合状態は変化します:液体から固体へ、およびその逆。マイクロカプセル内の相変化物質は特定の温度範囲に設定されています。体温や外気温が上がると、余分な暖かさが蓄えられます。温度が下がると、以前に保存された暖かさが再び解放されます。つまり、Schoeller®-PCM™は、極端な温度のバランスをアクティブに調整します。



結果:

Schoeller®-PCM™を搭載した製品は、常に快適な気候を保証します。極端な温度変動があっても、着用者は寒すぎたり暖かくなりすぎたりせず、パフォーマンスレベルが維持されます。

  • 航空宇宙技術:相変化材料は、NASA向けに開発されました。
  • 動的気候制御:Schoeller®-PCM™は、極端な温度のバランスをアクティブに調整します。
  • Schoeller®-PCM™は、個人の快適な気候を作り出します。最も極端な条件下でもパフォーマンスは維持されます。
  • 温度調節機能に加えて、Schoeller®-PCM™は次の特性を提供します:高い通気性と湿気調節。